磯子区の岡村にある訪問整体「「赤ちゃんトレーニング」で有名なDNSって何!!」

query_builder 2020/08/16
ブログ
DNS 赤ちゃんトレーニング

磯子区の岡村にある訪問整体

整体院「月の恵」院長の船越です。
  
院内での治療から訪問による治療までフルオーダーの治療を行っています!!  

訪問は横浜市の磯子区・港南区・南区の一部を中心に  

受け付けていますのでよろしくお願いいたします!!


当院は神奈川県の横浜市、磯子区にあり、  

洋光台や新杉田、杉田などからもバスで来ることもでき、

バス停の目の前にあります!!  

リラクゼーションから腰痛や膝痛・頭痛・肩こりなど慢性的な痛みの改善にも  

整形や病院で培った経験豊富な知識・技術を駆使して施術を行い、  

あなたの健康のお悩みを改善していきます。

また、ぎっくり腰などの急性の痛みにも対応していきます!!

よろしくお願いいたします。


前回のブログで赤ちゃんの話がでたので

 

いつもの「色」の話からはちょっと外れて

 

当院でも治療のメソッドとして使っている

 

DNSの話をしていきたいと思います!!


DNSは正式には「Dynamic Neuromuscular Stabilization

 

日本語では「動的神経筋安定性」と言われています。

 

チェコのプラハにある大学の教員であるパペル・コラーという方が考えた

 

発達運動学を基本とした考え方です。

 

 

よくわからない!っという方でも

 

「赤ちゃんトレーニング」

 

と言ったら何となく聞いたことがある方もいるんじゃないでしょうか!?

 

ハンマー投げの室伏選手やテニスの錦織選手、サッカーの長友選手など

 

取り入れたことで話題になりました

 

 

ざっくり言うと

 

赤ちゃんが生まれてから成長していく過程の

 

一つ一つの動きを元に

 

動き・動作の「質」を改善するトレーニング!

 

 

そのため、筋肉を鍛えるというより

 

筋肉をうまく使えるように

 

動きを司る脳に働きかける

 

 

というような感じです

 

 

そのため、

 

赤ちゃんが成長の過程で行う

 

寝返る、起き上がる、座る、ハイハイ、立ち上がる、立つ、歩く

 

などの動作のパターンを丁寧に真似していきます。

そのパターンというものが、

 

日常の動作だったり、スポーツ動作に大きく関わっていきます!

 

 

面白いことに、

 

赤ちゃんは教えなくても、この動作を勝手に獲得して

 

日常やスポーツ動作に活用していきます!

 

 

しかし、大人になって

 

日々の生活習慣や過去のケガ、動きのクセ、競技による偏った体の使い方などで

 

この動作のパターンがどんどん崩れていってしまうんですね!!

 

それが、ケガや慢性痛など様々な痛みに繋がってしまいます!!

 

そんため、

 

この運動パターンをいかにもう一度、

 

上手にできるようになるということが

 

治療、リハビリ、けがの予防、スポーツのパフォーマンス向上に関わって、

 

疼痛緩和に繋がっていくとされています!!

 

 

今日のお話はここまでですが、

 

今回のブログで

 

当院で取り入れているメソッドである

 

DNSというものが、

 

どういうものか、

 

少しでもわかっていただけたら嬉しいです。

 

 

まだまだ、伝えきれないことが多いため、

 

次回も、もう少しDNSについてお話ししていきたいと思います。

 

次回は呼吸について!!

 

DNSでは呼吸がすべての動作の基礎の部分となります。

 

また、DNSには興味がないっという方でも

 

呼吸のことは聞いておいて損はないため

 

是非、次回のブログも読んでくださいね!!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

横浜で痛みの改善専門の
「整体院月の恵」院長 船越 嵩瑛

NEW

  • 南区の整体院「外傷は論外!?」

    query_builder 2020/10/28
  • 横浜で腰痛に強い訪問整体「心理学には色も重要!!」

    query_builder 2020/10/26
  • 南区の整体「治療は痛みのあるとこ以外を!?」

    query_builder 2020/10/21
  • 横浜で肩こりに強い訪問整体「カラーセラピーって心理学!?」

    query_builder 2020/10/19
  • 磯子の整体院「骨盤後傾優位の人の特徴は!?」

    query_builder 2020/10/14

CATEGORY

ARCHIVE